So-net無料ブログ作成
◆ 高鍋町 ブログトップ
前の10件 | -

高鍋町 灯籠まつり 2018 [◆ 高鍋町]


121016155225201809191011453i[1].jpg

『高鍋町 灯籠まつり 2018』

宮崎県にある高鍋城址の舞鶴公園とその周辺を会場に、約1万基の石灯籠や

竹灯籠に火を灯す「高鍋城灯籠まつり」が10月6日・7日の2日間

開催されます。

touroumaturi081011001[1].jpg

高鍋の地を治めた名君・秋月種茂公が設立した藩校・明倫堂の教えである

“人の道”を広く育む想いも込められています。


当日は灯籠の創作コンテストのほか、さまざまなイベントを実施。

1日目は物産展や、秋月種樹の邸宅を復元した「萬歳亭はなれ」で茶会

公園前の県道を 歩行者天国にした町民総踊りなどが行われます。

16時からは灯籠の点灯式が行われ、県指定民俗文化財である高鍋神楽が舞われます。

【開催期間】

2018年10月6日(土)・10月7日(日)

【開催時間】

10月6日(土)15時~21時  10月7日(日)11時~21時


【第1回餃子フェスin高鍋】

今年から、灯籠まつりに合わせて、「餃子のまち高鍋」は第1回餃子フェスin高鍋を

会場内で開催します。

出店者は、高鍋町内の餃子店以外にも宮崎市や三股町、全国的に餃子で

有名な宇都宮市や北九州市からも駆けつけ、全部で12店舗の餃子たちが

集います。

41558923_1817593811693361_1390834586539261952_n-706x580[1].jpg



nice!(0)  コメント(0) 

高鍋町 ひまわり祭り 2018年 [◆ 高鍋町]


高鍋ひまわり畑.PNG

『高鍋町 ひまわり祭り 2018年』

今年恒例の高鍋町のキャベツ畑の「高鍋町ひまわり祭り2018!」は

8月11日と12日の2日間行います。

83ヘクタールの畑に、約1100万本のひまわりが咲きます。

CIMG0455[1].jpg

【開園期間】

8月11日(土)10:00~18:00 8月12日(日)10:00~17:00

日本一の1100万本を一目で見渡したいです。

ぜひ高見台(花見台)または高所作業車から眺めてください[わーい(嬉しい顔)]

20180801_063350.jpg





nice!(0)  コメント(0) 

高鍋町 複合施設 ママンマルシェ  [◆ 高鍋町]

sketch-1525412401736.jpg

『高鍋町 複合施設 ママンマルシェ』

去年の12月に、高鍋町の国道10号線沿いに出来た「ママンマルシュ」に

立ち寄りました。

どんな複合施設かどういうと、高鍋町内の特産物(野菜)や名物の

餃子やベーカリーなど販売しております。

20180504_095014.jpg
20180504_095103.jpg

施設内の奥には、車椅子用トイレが備えております。

sketch-1525412410502.jpg

どんな物が販売しているのを見回りました。

高鍋町特産品のキャベツや「ゴボチ」というお菓子が売られており

味は5種類あります。

20180504_095343.jpg
20180504_095830.jpg
20180504_095336.jpg


20180504_101628.jpg
20180504_101345.jpg

買ったものは、「ゴボチ」を3袋と店頭で売られていた「魚鮨」と

延岡で捕られている「メヒカリ」という魚の唐揚げを買いました(^-^)

でも、その日は強風で、吹き飛ばされる感じでした〓


20180504_105344.jpg
20180504_105235.jpg





nice!(0)  コメント(0) 

高鍋町 歴史 土持墓地 [◆ 高鍋町]


DSCF3361.jpg

『土持墓地』

土持墓地の場所は、県道44号線の下大平寺バス停で出車をしてから

北西へ約300メートルに登った右斜面に大平寺(廃仏殿釈)墓地があり

その一隅に土持墓地があります。

土持氏は、9世紀半ばから支配下した古代以来の豪族として

日向国内に勢力をのばしました。

その土持氏は、平安時代末期から戦国時代前期にかけて

日向国北部を中心に勢力を有した一族。

現在の延岡市近辺を中心とした縣(あがた)の土持氏と現在の高鍋町付近を

活躍の場とした財部(たからべ)の土持氏が有力であった。

DSC00983.jpg

土持氏の墓は、1926(大正15)年に郷土史家岩村真鉄により発見されて

1ヵ所に集められたのです。

高鍋町では、もっとも古い墓であります。

城内の墓石は31基でありますが、そのうちの6基が土持氏一族の墓でして

うち2基には土持兼綱・土持高綱の碑銘があります。





nice!(0)  コメント(0) 

高鍋町美術館 イベント 書業40年 松田幸敏の世界展 [◆ 高鍋町]


『 書業40年 松田幸敏の世界展 』

poster_matsuda1.jpg

【会期】

平成28年6月18日(土)~7月10(日) 

休館日/月曜日

時 間 10:00~17:00(入館は16:30まで)

【会場】

高鍋町美術館 ※観覧料あり

【連絡先】

高鍋町美術館(0983-23-8887)

poster_matsuda2.jpg




高鍋町 高鍋藩 藩校 明倫堂 [◆ 高鍋町]


『高鍋藩 藩校 明倫堂』

_20160610_164404.JPG

【藩校・明倫堂の設立】

日向国高鍋藩の7代藩主・秋月種茂が儒官・千手興欽の進言に基づき

安永7年2月24日(1778年)に設立した。

藩士のみならず農民等の一般庶民にも入学させたのを最大の特徴とする。

5代藩主・秋月種弘の時に学問・武芸の稽古所があった高鍋城

三の丸(現在は宮崎県立高鍋農業高等学校の一部)に位置し

従来からの武芸稽古所と併設して藩士の子弟に

文武を兼学させた。

_20160610_164452.JPG
「高鍋農業高校内」


小学と大学に分れ、それぞれを行習斎、著察斎と呼んでいた。

行習斎には8~9歳で入学し、孝経、大学、論語などの素読や

孝経、小学内外篇の講義、礼式、書道、数学を学んだ。

行習斎を修了して進む著察斎では各自で講読または会読を行い

教授への質疑や典籍の科目は自由であった。

嘉永年間初頭に医学所が設けられたが、教授が多忙のため中止され

1870年(明治3年)に再開している。


1869年(明治2年)には国学科が設けられ、玉鉾百首や神代正語

万葉集などが教えられた。

1873年(明治6年)に廃止され、その後は高鍋島田学校を経て

1887年には現在の宮崎県児湯郡高鍋町立高鍋東小学校となった。

_20160610_165923.JPG

明倫堂の書庫は土蔵造で、現在は高鍋町立高鍋図書館構内に

蔵書とともに改築されている。





宮崎県 高鍋町 武家屋敷 城下町 [◆ 高鍋町]


m_E6ADA6E5AEB6E5B18BE695B73.JPG

『高鍋町 城下町 武家屋敷』


宮崎県の城下町といえば、日南市の飫肥を思うのですが

もう一つは、高鍋町も城下町なのです。

高鍋城はありましたが、明治時代になり廃城となりました。

よって、城址となり、現在は舞鶴公園として整備されたのです。

m_E8889EE9B6B4E585ACE59C9220(640x480).jpg

高鍋城(舞鶴城)は、かつては財部(たからべ)城といって

城主の秋月家がその財部城を居城して

今の高鍋と改称されたのです。

藩政時代には、3万石の城下町として栄えたのです。

学問と教育では、7代藩主・秋月種茂公が藩校「明倫堂」を設立して

偉大な輩出致しました。


町内の「武家屋敷通り」は、16世紀後半から町並みとして

整備されました。

武家屋敷も残っており、城址周辺には古い町並みがあるのです。





宮崎県 高鍋町 豆の樹 地蔵堂 草団子 [◆ 高鍋町]


m_20140511_14393820(400x355).jpg

『高鍋町 団子屋 豆の樹』

m_CIMG025920(400x253).jpg

宮崎県の高鍋町にある名物のだんご屋で

場所は国道10号線沿いにあります。

その店とは、「豆の樹だんご 地蔵堂」です。

当店には、草だんご以外の品物も美味しく

おすすめなのは「草だんご」なのです。

DSC_0132.JPG

店の看板が国道10号線沿いにあるので

分かりやすいですよ[手(パー)]

当店以外に、都農町にもあります。

DSC_0131.JPG

■住  所:児湯郡高鍋町南高鍋12123番地3(国道10号線沿い)

■営業時間:午前9時~売り切れまで

■定 休 日: 月曜・火曜 (祝日は営業・代休アリ)






サトザクラ 高鍋町 明倫桜 町立図書館 [◆ 高鍋町]

puffer-178.jpeg

『高鍋町 明倫桜』

高鍋町では「明倫桜(メイリンザクラ)」という桜が

町内にある町立図書館にあります。

その桜は町立図書館の入り口に植えています。

puffer-225.jpeg
「町立図書館」

メイリンザクラは花びらが11枚でして、オオシマサクラの

サトザクラの一品種なのです。

現在は、町内にある舞鶴公園や武家屋敷などで

可憐に花を咲かせています。

puffer-270.jpeg
「舞鶴公園」


高鍋藩の藩主 秋月種茂が設立した藩校・明倫堂にあった桜で

図書館横に明倫書庫を移設したのは

柿原政一郎である。

それがきっかけで、「明倫桜」と名付けられました。

puffer-186.jpeg





高鍋町 イベント 第17回高鍋町美術協会展 [◆ 高鍋町]

_20160115_165710.JPG

『第17回 高鍋町美術協会展』

平成28年1月20日(水曜日)~1月27日(水曜日)に、宮崎県高鍋町にある

高鍋町美術館で「第17回高鍋町美術協会展」が開催されます。

開催期間中は、絵画・書道・陶芸・立体・写真など高鍋町美術協会会員の作品が

多数展示されます。

~関連イベント~

開催日:1月24日(日曜日) 時 間:午後2時~

内 容:三味線演奏やプレゼント抽選会 参加料:無料

【日 程】

2016年1月20日~2016年1月27日

開始・終了時間/午前10時~午後5時(入館:午後4時30分まで)

※最終日:午後4時まで


_20160115_165904.JPG

場所又は所在地 高鍋町/高鍋町美術館(高鍋町大字南高鍋6916番地1)




前の10件 | - ◆ 高鍋町 ブログトップ