So-net無料ブログ作成

オルタネーター 寿命 交換 ミラジーノL650 [◆ 日記 とばちゃん]


_20170709_174106.JPG

『オルタネーター 寿命 交換』

今週になって、愛車(ミラジーノL650)のエンジンルームから異音してきました。

「イグニションコイル」以来で、走行中より停車中のほうが

金属音のような音でした[exclamation]

さっそく今日、ダイハツ本社にて異音の原因を調べてもらいました。

その原因とは、エンジン後部にある「オルタネーター」という発電機が悪くで

部品交換することになったのです(>_<)

dgbrt.jpg

ちなみに、部品代が2万2千円で工賃込みで3万円ほどかかり

精神的にショックでした[exclamation][exclamation]

イグニションコイルを3本も交換したのに・・・。

半年点検も一緒に受けるので、工賃と整備代を安くしてもらったのです。

早く観てもらったのが、幸いでした。

全走行距離が13万kmも走っているので、寿命だったかも知れませんね[冷や汗2]


p7.jpg


ところで、「オルタネーター」とは何か・・・。

オルタネーター(英語: alternator)は交流(alternating current)の

電気を生成する発電機である。

自動車やオートバイ、小型航空機などに搭載されているものは

ダイオードなどを使った整流器で直流へと整流される場合も多く

これらの分野では整流器を含めてオルタネーターと呼ばれる。

オートバイの分野では、整流器を含めずにジェネレーター(英: generator)とも

呼ばれる。

【ウィキペディア抜粋】


0c99df9e.jpg





nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。