So-net無料ブログ作成

高鍋町 就労移行支援A型 [◆ 日記 とばちゃん]

p1left-1.jpg

以前に、2015年の11月に「就労移行支援A型 不採用 脳性麻痺」

載せました。

そのブログに関わることで、高鍋町にある事業所の採用情報について

思ったことや疑問を載せることにしました。

その理由とは、事業所(自動車部品製造業)のHPを偶然に見ていて

「就労移行支援B型」の募集要項の内容に対して

違和感になったのです[右斜め下]

自分は、車椅子で年齢が52歳だから、要項の内容を見て

納得いきませんでした。

【B型募集内容(対象者)】

1、就労経験のある方で、年齢や体力の面で一般就労が困難である方

2、就労移行支援事業を利用(暫定支給決定での利用を含む)した結果

B型の利用が適当と診断された方

3、障害者手帳、もしくは診断書(身体は省く)をお持ちの方

4、50歳に達している方、又は障害者基礎年金1級受給者

上記を見て、どうでしょうか?

一方的に、事業所のほうが決めつけるような内容と思いました。

言い方は悪いですが、歩行困難や車椅子の人達が雇用型A型に行きたいのに

自動的にB型に行かされると思うと、自分は違うA型事業所に

行っていて良かったでした。


その高鍋町にある事業所は職種が違いますが、その人の障害にあった

仕事又作業与えると良いのと思います。

立って組み立てる作業なので、車椅子や立ち仕事に困難なので

B型事業所を作ったのでしょうね(-_-)

部品組み立てる数にノルマがあるそうです。

障害者の事業所なのに・・・・[exclamation]

普通の会社と同じと思いますね?


一方的に批判的な事を載せましたですが、実際に事業所(部品製造業)見学して

事業所内の作業ができるかどうか、試しにさせられました(>_<)

実話だから、載せることにより、自分と同じく車椅子と重度障害の

人達に知って欲しいと載せることに決めました。


【就労継続支援事業とは】

通常の事業所に雇用されることが困難な障害者につき,就労の機会を

提供するとともに,生産活動その他の活動の機会の提供を通じて

その知識及び能力の向上のために必要な訓練を行う

事業の事を言います。

雇用契約を結び利用する「A型」と、雇用契約を結ばないで

利用する「B型」の2種類があります。

【就労継続支援A型事業とは】

通常の事業所に雇用されることが困難であって,雇用契約に基づく

就労が可能である者に対して行う雇用契約の締結等による

就労の機会の提供および生産活動の機会の提供その他の

就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練

その他の必要な支援事業のこと。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0