So-net無料ブログ作成

映画 ロボコップ(1987) 感想 [◆ 映画 感想]


puffer-545.jpeg

『 映画 ロボコップ(1987) 』

劇場公開日 1988年2月11日

殉職した警官が全身を機械化したロボコップとして甦り

犯罪組織と戦う姿を描いた大ヒットSFアクション。

original-2.jpg

【解 説】

同じアメリカ映画である『ターミネーター』などと同様、低予算で作られながらも

興行収入5300万ドルを超えるヒット作となった。

本作の人気により、続編の『ロボコップ2』や『ロボコップ3』が制作され

後にテレビシリーズやアニメ、アメコミなども製作された。

また、1987年版のリメイクとして『ロボコップ』(2014年版)も製作された。

【あらすじ】

舞台は近未来のデトロイト。

かつて自動車産業で栄華を誇ったこの街は犯罪都市と化しており

巨大コングロマリット企業「オムニ・コンシューマ・プロダクツ」によって

民営化された警察(警察官から一般職員に至るまで会社員扱い)を含む

街全体が支配されていた。

そんな中、オムニ社は未来都市「デルタシティ」の建設を予定していた。

都市繁栄のための犯罪撲滅を図るため、オムニ社は警官に取って

代わるロボットの開発を進めていた。

しかし、オムニ社の副社長であるジョーンズらによって開発された

ロボット「ED-209」(エド・ツーオーナイン)は

そのプレゼンテーション中に人身事故を

起こしてしまい、計画は白紙に戻される。

ジョーンズとは別に独自のロボット開発を予定していたモートンは

このチャンスを利用し、その開発に着手する。

しかし、そのためにはロボットの候補となる「人間」が必要であった・・。

puffer-536.jpeg

【予告編】
https://youtu.be/re6W7YQy7x4

【キャスト】

ピーター・ウェラー マーフィ/ロボコップ ナンシー・アレン ルイス

ダニエル・オハーリー オムニ社長 ロニー・コックス ジョーンズ

カートウッド・スミス クラレンス ・・・他。

【スタッフ】

監督 ポール・バーホーベン 製作 アーン・シュミット

製作総指揮 ジョン・デイビソン

脚本 エドワード・ニューマイヤー、マイケル・マイナー

puffer-336.jpeg

【作品データ】

原題 Robocop

製作年 1987年

製作国 アメリカ

配給 ワーナー・ブラザース映画

上映時間 103分

puffer-280.jpeg


【感 想】

主人公のマーフィは、殉職してロボコップしてしまい

少しずつ記憶が戻って から犯人たちを復讐すると

マーフィの殉職するシーンは、頭に焼き付ける

くらい凄かったでした[手(パー)]


ナンシー・アレンの役名が「アン・ルイス」を聞いて

ビックリしました(^-^)






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0