So-net無料ブログ作成

宮崎県 いいところ 師走祭り 百済王伝説 [◆ 宮崎県いいところ]

師走ポスター2.jpg

『百済王 師走祭り』

今月の22・23・24日の3日間「師走祭り」が行われました。

師走祭りとは、旧暦12月14日から同16日に当たる日程(昭和10年代までは

9泊10日間の日程で行われていた)で、比木神社(児湯郡木城町鎮座)の一行が

フクロガミ(袋神、花笠ともいう)を奉じて、延々約23里におよぶ

決まりの道を神門神社(東臼杵郡南郷村鎮座)まで巡行し

そこに滞在して帰る祭りです。

それには往古、異国神(百済王の一族)がこの地に定着したとする

由来伝説が語り継がれています。

puffer-50.jpeg

【百済王伝説とは・・・】

昔、百済の国において大乱が起こり、禎嘉王(ていかおう)と、その子の

福智王(ふくちおう)とが乱を避けて

女官・従者と共に日本へ渡った。

彼らは日向の国の小丸川の河口、現在の高鍋町の蚊口浦に上陸する。

禎嘉王は小丸川の上流、現在の南郷村の神門(みかど)に居を定め

王子の福智王は下流の現在の木城町の比木(ひき)に住む。

しかし、まもなく、追っ手がかかり、禎嘉王は現在の東郷町の伊佐賀で防ぐが

矢を受けて戦死する。

いま、南郷村の神門神社には禎嘉王を祀り、木城町の比木神社には福智王を祀る。

なお、小丸川河口の高鍋町の鴫野にある大年神社は、禎嘉王の妻にして

福智王の母なる之伎野(しぎの)を祀ると云う。


【比木神社】

0810hkj_02.jpg

高鍋藩の秋月歴代藩主より深く崇められ、社殿改築、鳥居の建立等

寄進奉納されている。

西暦660年朝鮮半島の百済が、唐と新羅の連合軍に攻め滅ぼされ

663年百済再興の戦いにも破れ、多くの王族

部族は日本の畿内へと亡命しました。

なかでも王族のひとり福智王は、現在の高鍋町蚊口浦に

流れ着いたといわれています。

福智王は百済からの追兵を鎮定後、よくこの地方を治めたので住民の尊崇をうけ

死後に比木神社に葬られました。それが比木大明神のいわれです。


【神門神社】

puffer-56.jpeg

神門神社(みかどじんじゃ)は、宮崎県東臼杵郡美郷町にある神社。

祭神は大山祇神、百済の禎嘉王、倉稲魂命、品陀和気命(応神天皇)ほか。

本殿は国の重要文化財に指定されている。

『神門神社縁起』によると、奈良時代中期の孝謙天皇天平勝宝八歳(756年)、

660年に滅亡したはずの百済より政争を逃れたという王族の禎嘉王と

その子の福智王が日向の海岸に漂着し、やがて禎嘉帝は

神門の地に落ち着きました。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0