So-net無料ブログ作成

宮崎県いいところ 歴史 比木神社 百済王伝説 [◆ 宮崎県 歴史]

宮崎県見出し画像.png

『宮崎県いいところ 歴史 比木神社』

宮崎県の木城町で、周りが山に囲まれている町です。

比木神社は、江戸時代に高鍋藩の秋月歴代藩主より深く崇められ、

社殿改築、鳥居の建立等、寄進奉納されております。

比木神社 (400x287).jpg
            『比木神社』

この神社には、朝鮮半島の古代国家の百済(くだら)が滅亡した時に、

船で王族が難を逃れるように日本を目指しました。

しかし、父の禎嘉(ていか)王の船が日向の金ヶ浜に、子息の福智王と

その母の船が高鍋町の蚊口浦に漂着しました。

父と母子が離ればなれになったのです。


父の禎嘉(ていか)王と三男が美郷町の神門神社へ、長男の福智王が比木神社に

母が高鍋町の大年神社に、それぞれ祀られました。

毎年に一回、父の禎嘉(ていか)王と長男の福智王が対面するために、

比木神社に祀られてる福智王が、父が祀られてる神門神社へ

訪れる型になっています。

神門神社 (400x285).jpg
            『神門神社』

比木から神門まで約90kmの道程で、行き往復する

9泊10日にかけて行う行事です。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0