So-net無料ブログ作成
検索選択
◆ 高鍋町 観光 ブログトップ

高鍋町 観光 高鍋湿原 ハッチョウトンボ [◆ 高鍋町 観光]


puffer-1168.jpeg

『高鍋町 観光 高鍋湿原』


高鍋湿原は、県営高鍋防災ダム工事で表土を削られた所に、周辺の林や沢から

水が流れ込んで、湿原となったものです。

町の西部の海抜約60メートルの高台に位置しています。

東部と西部に分かれており、両湿原遊歩道はトンボの橋で結ばれています。


自生している植物はサギソウ、ミズギボウシ、ミミカキグサ、ヘビノボラズなど

約300種。

AS20160914001460_commL.jpg
『サギソウ』

大陸系の寒地性の植物が多いのが特徴で、南限といわれる

植物も多数あります。


昆虫では、日本産では最も小さいハッチョウトンボのほかに

ハラビロトンボ、コノシメトンボなど

数多くのトンボが飛び交っています。

puffer-153-c8ea7.jpeg
『 ハッチョウトンボ』


■住所:宮崎県児湯郡高鍋町大字上江6972-3

■公開期間:3月下旬~10月末(公開期間は、湿原の状況により変更あり)

■開園時間:午前8:30~午後5:00




高鍋町 観光 ホテル ホテル泉屋 [◆ 高鍋町 観光]


m_m_E3839BE38386E383ABE6B389E5B18B5B15D.jpg

『高鍋町 ホテル ホテル泉屋』

中心部に立地し、1階には「チキン南蛮」で有名なファミリーレストラン

「おぐらチェーン高鍋店」を完備しており

しんきん通り沿いにあります。

_20160608_182645.JPG
「おぐらチェーン高鍋店」


各種限定プランも充実しており、スポーツ合宿などにも対応可能です。

【ホテル案内】

■住所:宮崎県児湯郡高鍋町大字北高鍋1368-4

■TEL:0983(22)3366

FAX:0983(22)1709

■シングル1泊4968円~  

■朝食は+864円

■HP:http://www.hotel-izumiya.com/

※長期滞在はご相談ください。 特別料金あり。


1階にある「おぐらチェーン高鍋店」は、宮崎県名物の

美味しいチキン南蛮がありますので

是非、立ち寄ってください。




高鍋町 観光 黒水家住宅 秋月墓地 [◆ 高鍋町 観光]


『高鍋町 黒水家住宅 秋月墓地』

puffer-37.jpeg

『高鍋藩家老屋敷・黒水家住宅』

高鍋藩秋月氏の家老職を務めた黒水家の住宅で、家老屋敷と呼ばれています。

主屋は、鍵座敷になった寄棟造り茅葺で、内部は武家屋敷ならではの

特徴ある構造となっております。

周囲を土塀で囲まれた敷地内には主屋、籾蔵、土蔵、みそ蔵があり

茅葺屋根をもつ武家屋敷は貴重な文化遺産となっています。

puffer-9.jpeg

【基本情報】

住所:児湯郡高鍋町大字上江1390

電話:0983-23-7266

開館時間:9:00~17:00(月曜休館)

料金:大人100円・小人50円

アクセス:JR高鍋駅からバス、中央通下車、徒歩6分


『秋月墓地』

puffer-32.jpeg

城址北側の小高い丘にあった高鍋藩秋月藩主の菩提寺、大龍寺・安養寺

龍雲寺の三寺の跡地には、歴代の藩主と一族の家臣の墓があります。

墓は全部で16基あり、30もの燈籠とともに建っています。



ひまわり畑 九州 2014 高鍋町 [◆ 高鍋町 観光]

CIMG0455.JPG

『高鍋町 ひまわり祭り』

高鍋町では、今日まで染ヶ岡地区にて「ひわまり祭り」が

行われております。

ひわまり畑がありますが、元々は高鍋町特産のキャベツ畑なのです。

キャベツの肥しとして、ひわまりを植えているのですよ。


この前の台風11号の影響で、ひわまりが横倒しになっていましたが

どうにか満開になりました。


「ひまわり祭り」では、いろんな催しがあります。

例えば、ひまわりの巨大迷路があるのです。

行く人は、道路が混雑するので、気をつけて下さい・・・。


◆ 高鍋町 観光 ブログトップ